⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【提案事例】3次元測定器による装置部品組付け後の位置測定精度の向上

2022/04/26

最大10mのワークまで測定可能な3次元測定器により、組付け後の大型装置部品の位置・寸法の測定精度を向上させた事例をご紹介いたします。

Before:大型製缶品の測定は難しい、、、

お客様より、「大型製缶品の測定が必要で他社に依頼したが、対応可能な測定設備を持っていないということで断られた」という経緯で、当社にご相談がありました。

【提案事例】3次元測定器による装置部品組付け後の位置測定精度の向上|製缶加工・装置受託センター.com

通常、数mクラスの大物・長物の製缶加工品を測定するためには長尺ノギスが必要になります。

しかし長尺ノギスの測定は、①測定誤差が生じやすい(0.01台での測定は困難)、②2人がかりで測定する必要があり測定工数がかなりかかる、③3次元の測定ではないため測定できない形状があるといった欠点があります。

After: 3次元測定器により、装置部品組付け後の寸法公差・位置精度を測定可能!

当社はキーエンス製のワイドエリア3次元測定器を導入しており、最大10mの大物・長物の測定が可能です。

【提案事例】3次元測定器による装置部品組付け後の位置測定精度の向上|製缶加工・装置受託センター.com

よくある三次元測定器のように固定式ではなく移動式であるため、①検査測定精度の向上、②斜め等形状的に測定が難しい箇所も測定可能といったメリットがあります。

装置部品組付け後の寸法や位置精度の測定も可能で、水平度・直角度等の水準出しにも問題無く対応しています。

ヤマウラなら、数mクラスの大型製缶品の測定も問題なく可能!

ワイドエリア三次元測定器の導入により、検査工数の削減および品質保証を実現することができ、お客様から喜びの声を頂くことができました。

こちらの測定器は、溶接後のひずみ測定や組付け治具の寸法測定のほか、工作機械にチャックした状態での測定も可能であるため、リードタイムの短縮にも貢献できます。

株式会社ヤマウラでは、他社では難しい数mクラスの大物・長物の測定も問題無く可能ですので、製缶加工・機械加工から品質保証まで確実に対応してほしいという場合は、ぜひ当社にご相談ください。

>>技術提案事例一覧はこちら

>>ご相談・お問い合わせはこちら

関連した技術コラム

【提案事例】3Dレーザースキャナを用いて、部品点数が多い量産品の全数検査に対応

【提案事例】3Dレーザースキャナを用いて、部品点数が多い量産品の全数検査に対応

こちらは、部品点数が多い量産品の全数検査が必要だった案件に対して、3Dレーザースキャナを用いることで対応した技術提案事例です。

2021/09/24

【提案事例】自動音声入力ソフトを導入! 膜厚検査の作業コスト削減

【提案事例】自動音声入力ソフトを導入! 膜厚検査の作業コスト削減

こちらは、作業者2名で対応していた膜厚検査を、自動音声入力ソフトを導入して作業者1名で対応することで、コスト削減を実現した技術提案事例です。

2021/09/24

大型製缶加工における重要な3つのポイント|製缶加工・装置受託センター.com

大型製缶加工における重要な3つのポイント

製缶加工の加工工程から、大型製缶加工のポイントまで詳しく解説しています。

2021/09/21

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。