⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

巻き上げワイヤードラム製造サービス

Φ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造を、
設計から据え付けまで一貫対応!

お気軽にご相談ください!
無料相談・お問合せはこちら!

こんなお困りごとはありませんか?

巻き上げワイヤードラムの製造を検討されている方からは、このようなご相談を多くいただいています。

「Φ1200のワイヤードラムの製造をお願いしたいのです」
「巻き上げワイヤードラムの製造から据え付けまでお願いしたいですが可能でしょうか」
「ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算に関してご相談できますか?」

私たちにお任せください!

・Φ2500までの大型巻き上げワイヤードラムの製造に対応いたします!
・巻き上げワイヤードラムの製造から設置・据え付けまで一貫対応!
・ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算も含めた、設計段階からお任せ!

無料相談・お問合せはこちら!

当社の「巻き上げワイヤードラム製造サービス」の特徴

Φ2500までの大型巻き上げワイヤードラムの製造に対応

ヤマウラによる巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。 丸棒からの製造の場合は約Φ250まで、丸パイプからの機械加工の場合は約Φ700まで、さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

巻き上げワイヤードラムの製造から設置・据え付けまで一貫対応

ヤマウラでは、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からのご相談に応じております。また当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をを行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算も含めた、設計段階からお任せ

当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。巻き上げワイヤードラムは、どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。ヤマウラでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。

当社の「巻き上げワイヤードラム製造サービス」の事例・実績

私たちにお任せください!

・Φ2500までの大型巻き上げワイヤードラムの製造に対応いたします!
・巻き上げワイヤードラムの製造から設置・据え付けまで一貫対応!
・ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算も含めた、設計段階からお任せ!

無料相談・お問合せはこちら!

製缶加工・装置受託センター.comが選ばれる理由

設計・製作から工事まで一貫対応

ヤマウラでは、鋼材調達から大型製缶・機械加工、精密溶接組立、塗装までワンストップで対応しております。また製造だけでなく、設置工事やメンテナンス、さらには工場建設段階からのご相談にも乗ることができます。特に当社ではメカトロと電気の両面からの製造を行うことができるため、電気設計やそれにあわせた装置設計変更などのVA/VE提案にも好評をいただいています。

メカトロ、電気、建築、土木の4部門連係

ヤマウラは、メカトロも電気というハードとソフトの両面による総合提案を行うことができる、非常に稀有な製缶加工企業です。またエンジニアリング事業部の他にも、主に住宅や工場の建築・土木の企画設計・施工を行う建築・土木のノウハウを活かして、当社では橋梁構造体や各種機械、装置の設置工事まで対応いたします。これからもヤマウラは、メカトロ、電気、建築、土木という4部門が連携した、「まちづくり」「ものづくり」の総合企業として成長し続けて参ります。

整備の行き届いた30,000㎡の製缶工場によるフレキシブル対応

ヤマウラは、長野県の駒ヶ根市、宮田村にそれぞれ駒ヶ根工場、宮田工場の合わせて30,000㎡の加工スペース及びストックヤードを保有しています。この広大なストックヤードと、3大都市圏へのアクセスのしやすい立地特性、さらに国内屈指の整備された製缶加工工場によって、お客様のご要望に合わせた加工、ストック、輸送を行い、迅速でフレキシブルな対応を可能にしています。

最新の大型製缶加工設備

製缶加工・装置受託センター.comでは、NC長尺旋盤、立形マシニングセンタ、立形旋盤、門型マシニングセンタ、横中ぐりフライス盤といった最新設備から、20t大型クレーンや15m対応のショットブラスト設備までを保有した、日本でも屈指の大型製缶加工工場を構えております。さらに大型製缶加工設備の設置にも工夫を凝らすことで、他社ではできない大型鋼構造物の加工に対応することができます。

ヤマウラの設備紹介

NC長尺旋盤
DL132-700

ターニングセンター
Neo α-28EX

門型マシニングセンター
MVR-40

立形マシニングセンター
MILLAC852VⅡ

NC横中ぐりフライス盤
KBT-11W.A

天井クレーン
H-650-HD

私たちにお任せください!

・Φ2500までの大型巻き上げワイヤードラムの製造に対応いたします!
・巻き上げワイヤードラムの製造から設置・据え付けまで一貫対応!
・ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算も含めた、設計段階からお任せ!

無料相談・お問合せはこちら!

「巻き上げワイヤードラム製造サービス」に関するよくある質問

どのような方法で巻き上げワイヤードラムの製造をしていますか?

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数はどのように決定するのでしょうか?

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算に関してご相談できますか?

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの製造から据え付けまでお願いしたいです。

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

Φ1200のワイヤードラムの製造をお願いしたいのですが、可能でしょうか?

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

お問い合わせからの流れ

1お問い合わせ

製缶加工や装置の設計・製造でお困りの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
ご依頼の際に、図面がすでにある場合は、お問い合わせフォームまたはFAXにてご送信ください。CADデータがある場合は、よりスムーズにやり取りができます。
図面がない場合は、製品の写真等をお送りいただければ対応可能です。もしくは手書きのポンチ絵でも問題ございません。

2仕様確認&詳細ヒアリング

Zoomなどの各種オンラインでのお打ち合わせにも対応可能です。
また、お打ち合わせで必ずお伺いする項目は下記の通りです。これらの情報も、お問い合わせ時にあわせてご連絡いただけましたら、最短でお見積りをお出しいたします。
・ご予算
・納期
・製品の使用用途・条件
・現状の課題やお悩み


またヤマウラでは、ヒアリング内容をもとにVA/VE提案をさせていただき、コスト削減にもご協力いたします。

3加工可否確認+お見積り

加工・製造可否の確認は5日以内にいたします。お見積りも予定最短納期とあわせて迅速にご提出いたします。

4ご発注+お取引条件の確認+加工手配

メールまたはFAXにて、注文書(図面で代用可)をお送りください。
お取引条件の確認後、加工手配をいたします。

5製造・検査

加工手配が行われた製品は、社内の生産システムに登録され、工程設計されます。生産システムは全工程をリアルタイムで監視しており、お客様の製品の状況を見失うことはありません。また、製造過程を写真でお送りする等、ご要望に応じて進捗報告を差し上げます。

 

また当社では、様々な高精度測定器も兼ね備えており、高品質な部品加工の保証をいたします。

6出荷・納品

このように納期にあわせて製作された大型製缶加工品は、お客様の元に届くまで丁寧に出荷し、納期遵守にてお送りいたします。据付工事まで対応しております。

運営会社

歴史に裏付けされたノウハウと
たゆまぬ技術革新で未来を創造する

製⽸加⼯・装置受託センター.COMは、製⽸加⼯・板⾦加⼯・溶接加⼯から⼤物機械加⼯まで、VA・VEコストダウン提案から設計・加⼯・組⽴・検査まで、全て⼀貫対応する、製⽸加⼯や装置設計に関する技術情報をご紹介する、専⾨の技術メディアサイトです。
製⽸加⼯・装置受託センター. COMは、あらゆる製⽸加⼯・装置受託で信頼と実績を積み重ねてきた、創業⼤正9年の東証⼀部上場企業である株式会社ヤマウラが運営しております。

社名 株式会社ヤマウラ
創業 大正9年1月
設立 昭和35年8月
資本金 28億8,849万円
代表者 代表取締役社長 山浦正貴
社員数 374名(2021年3月現在)
事業所 【エンジニアリング事業部】
〒399-4106 長野県駒ヶ根市東町19-16
TEL.0265-83-8888 FAX.0265-82-2879
【本 社】
〒399-4195 長野県駒ヶ根市北町22番1号
TEL.0265-81-6010(代) FAX.0265-82-3966
株式 東京証券取引所市場第1部上場
名古屋証券取引所市場第1部上場
許可 【建設業】国土交通大臣許可(般・特-2)第9358号 【宅地】長野県知事許可(12)第1805号 【一級建築士事務所】長野県知事登録(上伊)K第21241号
認可 労働基準局クレーン製造認可工場 圧力容器製造認可工場(第一種・第二種)
認定 全国鉄構工業連合会鉄構造物製作工場
社団法人会員 日本建設業連合会、日本ボイラー協会、日本溶接協会、日本クレーン協会
業種内容 【建設事業】
建築・土木の企画設計・施工、開発事業、住宅、マンション、不動産取引・管理
【エンジニアリング事業】
制御・情報システム、環境・エネルギーシステム、橋梁構造・機械システムの企画・設計・製作・工事
【開発事業】
不動産の売買、賃貸ならびに宅地開発、分譲マンション事業等

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。