⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【提案事例】台形ネジ加工 高速ネジ切り旋盤を用いてリードタイムを大幅短縮

2021/09/24

 こちらは、台形ネジ加工の際に高速ネジ切り旋盤を用いて、大幅なリードタイム短縮を実現した技術提案事例です。

Before:通常のネジ切り加工は時間とコストがかかってしまう、、、

 お客様からは、台形ネジの加工のご依頼をいただきました。

 一般的な台形ネジは、スピンドルに取り付けてネジ切り加工をして当社でも製造をしております。

 しかし通常のネジ切り加工では、どうしても時間がかかってしまいます。またコスト的にも高くなってしまうのがネックでした。

After: マッハにより、高速ネジ切り加工を実現!

 そこでヤマウラでは、マッハによる加工をご提案いたしました。マッハとは、株式会社大平製作所製の高速ネジ切旋盤”Mach”のことです。

 このマッハは、通常のネジ切り加工とは異なり、低速回転するワークに対して、その外周をバイトホルダーに取り付けられたバイトが高速回転しながら加工するという方法です。このマッハを用いることで、通常のネジ切り加工と比較して倍速で加工をすることができます。

 ヤマウラでは、台形ネジ加工をする際にこのマッハのユニットを旋盤に取り付けることで、高速ネジ切り加工を実現しています。

ヤマウラなら、お客様のご要望に合わせた台形ネジ加工が可能

 このマッハを使用することで、台形ネジ加工の大幅なリードタイム短縮につながり、結果としてコストダウンにもつながりました。

  マッハでの加工は、リードタイム短縮には大きく貢献しますが、精度は通常の台形ネジ公差程度のため、高精度仕様の台形ネジ加工の場合は不向きとなります。

 ヤマウラでは、お客様のご要望の台形ネジ精度に合わせて、最適な台形ネジ加工のご提案をすることができます。 台形ネジ加工のことなら、製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

関連した技術コラム

【提案事例】1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減

【提案事例】1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減

こちらは、厚板の段付きポケット加工を、1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減につながった技術提案事例です。

2021/09/18

【提案事例】SS系からSUS系に材質変更することで、塗装工程の削減によるリードタイム短縮

【提案事例】SS系からSUS系への材質変更によるリードタイム短縮

こちらは、規格に合わせて塗装を4,5回も行わなければならなかった部品に関して、材質をSSからSUS系に変えることで塗装工程をなくしてリードタイム短縮につながった提案事例です。

2021/09/18

【提案事例】長尺製缶品の機械加工における工夫

【提案事例】長さ12mの一体物の長尺製缶品を、五面加工機で高精度機械加工

こちらは、一体物の戸当たりに対し、工作機械を上手く活用し機械加工を施した事例になります。

2021/09/23

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。