⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【提案事例】食品工場向け超高速乾燥装置導入による産学連携の商品開発支援

2022/06/07

こちらは、食物残渣の法令改正を機に、超高速乾燥装置の製造・導入によって商品開発支援を行った技術提案事例になります。

Before:食品関連工場を経営する企業にとって痛い、法改正・規制強化

食品関連工場のお客様より、「食物残渣の処理に関する法律が改正され、廃棄物の処理に困っているのだがどうすればよいか?」ということで、当社にご相談いただきました。

【提案事例】食品工場向け超高速乾燥装置導入による産学連携の商品開発支援|製缶加工・装置受託センター.com

当時、いわゆる「BSE問題」を発端に、食物残渣を原料として受け入れる飼料製造業者と食物残渣を飼料の原料として排出する食品関連事業者に対して、食物残渣の取り扱いを規制する法改正が行われました。

After: 産学連携による超高速乾燥装置の設計・製造で、商品開発を支援!

そこで当社では、超高速乾燥装置の導入による、食物残渣を利用した新商品の開発を支援いたしました。

まず、お客様と協議したうえで、水分を多く含む食物残渣を熱で撥水してパウダー状にし、新商品の食品用パウダーや飼料・肥料を製造するシステムを検討しました。

設計面でやや苦労しましたが、協力関係にある大学・研究機関と連携することで、超高速乾燥装置を利用した特殊な乾燥システムを当社で開発することに成功しました。

大型製缶加工・機械加工の豊富なノウハウを活かして、お客様のお悩みを解決します!

本事例では、食物残渣処理に関する規制強化を逆手に取り、超高速乾燥装置を導入することで、新商品の開発や安全な飼料・肥料製造を可能にしました。

こちらの装置は、運転中に表面温度が急上昇するため、その対策がポイントでした。そこで大型製缶品の製造を得意とする当社は、使用環境や用途を考慮し、耐熱シルバーという耐熱性の高い塗料による吹き付け塗装を行いました。これにより、装置は高速運転にも耐えられるようになり、お客様にお喜びいただけました。

製缶加工・装置受託センター.comを運営する株式会社ヤマウラでは、大型製缶品の製造や大物溶接・機械加工を最も得意としておりますが、そのノウハウを活かして本事例のような産学連携による商品開発支援に取り組んだ実績もございます。食品関連工場の自動化・省力化の実績も豊富にございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

関連した技術コラム

【提案事例】1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減

【提案事例】1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減

こちらは、厚板の段付きポケット加工を、1つの厚板への機械加工から、3つの鋼材の溶接加工へと工法転換することで、リードタイム短縮及びコスト削減につながった技術提案事例です。

2021/09/18

【提案事例】SS系からSUS系に材質変更することで、塗装工程の削減によるリードタイム短縮

【提案事例】SS系からSUS系に材質変更することで、塗装工程の削減によるリードタイム短縮

こちらは、規格に合わせて塗装を4,5回も行わなければならなかった部品に関して、材質をSSからSUS系に変えることで塗装工程をなくしてリードタイム短縮につながった提案事例です。

2021/09/18

【提案事例】長尺製缶品の機械加工における工夫

【提案事例】長尺製缶品の機械加工における工夫

こちらは、一体物の戸当たりに対し、工作機械を上手く活用し機械加工を施した事例になります。

2021/09/23

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。