⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

NC長尺旋盤とは? 長尺旋盤加工のポイントと加工事例

2021/09/21

NC長尺旋盤とは? 長尺旋盤加工のポイントと加工事例|製缶加工・装置受託センター.com

NC長尺旋盤は、長尺材に対して高い精度の旋盤加工ができる工作機械です。

本記事では、NC長尺旋盤の特徴と長尺旋盤加工の種類やポイント、そして加工事例について詳しく紹介します!

NC旋盤とは?

旋盤とは?


 

NC長尺旋盤とは? 長尺旋盤加工のポイントと加工事例|製缶加工・装置受託センター.com

NC旋盤は旋盤加工を行う旋盤と呼ばれる工作機械の一種です。

旋盤加工は、チャックと呼ばれる部分に加工物を固定し、主軸を回転させることで加工物を回転させます。

その加工物に工具を当てることで加工を行う工作機械を旋盤といいます。

そのため、加工物を主軸に対して直角に切断した際の切断面は必ず円形となります。

画像はヤマウラが保有する旋盤です。

>>設備情報の詳細はこちら

NC旋盤の基本とポイント


NC旋盤の基本

 NC旋盤は、作業者が手動でハンドル操作をしながら加工を行う汎用旋盤と異なり、数値制御(Numerical Control)による自動加工が可能な旋盤を指します。

作業者がNC旋盤にある操作盤のスイッチを押すことで、数値制御による正確な位置決めや加工を行うことができます。

また、作業者がプログラムで指令することで、工具を取り付ける主軸を指定した回転数で回したり、工具を指定した速さで移動させることができます。

・NC旋盤のポイント 

NC旋盤を使用して、短い切削時間でかつ加工表面のきれいな加工を行うには、作業者の高い技術力が必要になります。

短い切削時間で加工を終えようと、作業者が プログラムで指令で主軸の回転数を過度に速くしてしまうケースがあります。

しかし、高速切削は、加工物の温度が上がってしまったり、切削工具に負荷がかかり工具の寿命が短くなったりする原因になるため、適切な回転数で加工を行う必要があります。

主軸の回転数といった切削条件の適切な数値は、工作機械、工具、加工物の素材によって異なるため、試行錯誤して適切な数値を導きだす必要があります。

こちらの記事も併せてご覧ください。

>>五面加工機による大型精密機械加工のポイント

>>大物マシニング加工における2つの重要なポイント

長尺旋盤加工の種類とポイント

NC旋盤とは?


NC長尺旋盤とは? 長尺旋盤加工のポイントと加工事例|製缶加工・装置受託センター.com

NC長尺旋盤とは、NC旋盤の中でも長尺材に特化した切削加工のできる工作機械を指します。

通常の旋盤では、長さのある加工物の加工を行うことはできませんが、NC長尺旋盤なら数mの長尺材の旋削加工を行うことができます。

長尺旋盤加工の種類とポイント


NC長尺旋盤を使用した長尺旋盤加工は、3種類に分類できます。

①ねじ切り加工

②溝入れ加工

③穴あけ加工

①ねじ切り加工

ねじ切りとは、加工物表面に切れ込みを入れ、ねじ山を作る作業を指します。

ねじ切り工具によって加工物表面の仕上がりが変わり、表面の形によりねじの種類は三角ねじ、角ねじ、台形ねじ、管用ねじなどがあります。

NC長尺旋盤を保有するヤマウラでは、長さ7mのゲート用台形ねじの加工実績があります。

台形ねじの加工において加工条件の工夫によりリードタイムを大幅短縮した事例について、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>【提案事例】台形ネジ加工 高速ネジ切り旋盤を用いてリードタイムを大幅短縮

②溝入れ加工

溝入れ加工とは、加工物の直径方向に溝を入れる加工を指します。

溝入れ工具は通常の外径、内径切削工具に比べて刃先が主軸部分から長く突き出ています。

そのため、加工の際に負荷がかかると曲がりやすく、溝幅の形状に対して可能な限り幅の広い工具を選定する必要があります。

また、工具の先端が主軸の中心部に対して直角になるように工具を取り付ける必要があります。

少しでも直角からずれてしまうと溝の底部が軸線に対して平行ではなくなってしまうため注意が必要です。

溝入れ加工ができる直径は、NC長尺旋盤での加工能力により異なります。

ヤマウラでは、NC長尺旋盤 DL132-700を使用し、直径700mmの巻き上げドラムの溝加工を行った実績がございます。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

>>【提案事例】Φ1200の巻き上げワイヤードラムは、立形旋盤で製造対応

③穴あけ加工

穴あけ加工は、主軸の中心部分に対して行われるのが一般的です。

主軸の中心部分とドリルの中心が一致した状態で加工を行う必要があります。

少しでも中心がずれると、穴が大きくなってしまったり、ドリルに大きな負荷がかかりドリルが壊れてしまう可能性があります。

主軸にダイヤルゲージと呼ばれる測定器を固定させることで、正確に中心を合わせることができます。

NC長尺旋盤の製品事例

NC長尺旋盤とは? 長尺旋盤加工のポイントと加工事例|製缶加工・装置受託センター.com

続いて、実際に当社が製作したNC長尺旋盤で加工を行った製品の事例をご紹介します。

写真奥のNC長尺旋盤を使用して、 長さ7mの長尺台形ねじ( ゲート開閉用 )を製作しました。

大型のNC長尺旋盤を保有し、なおかつ高い技術力があるヤマウラだからこそ、長尺の加工物であっても高精度の機械加工が可能です。

台形ねじの加工におけるポイントはこちらの記事で詳しく解説しています。

>>台形ねじとは?長尺台形ねじを加工するためのポイントについて解説!

NC長尺旋盤による長尺旋盤加工なら、当社にお任せください

今回はNC長尺旋盤とそれによる長尺旋盤加工についてご紹介しました。

製缶加工・装置受託センター.comでは、NC長尺旋盤を使用し高い精度の加工を行っています。

県内トップクラスの大型設備を保有する当社だからこそ、お客様のご要望にお答えし、最適な設計を提案することができます。

NC長尺旋盤が必要な大型製品の加工にお困りの方は、製缶加工・装置受託センター.comを運営するヤマウラエンジニアリング事業部までお問い合わせください!

>>製品事例一覧

>>よくある質問

>>設備情報

>>お問い合わせからの流れ

>>会社情報

>>お問合せ・見積依頼はこちら

関連した技術コラム

【提案事例】台形ネジ加工 高速ネジ切り旋盤を用いてリードタイムを大幅短縮

台形ねじのNC長尺旋盤加工におけるポイント

こちらは、台形ねじの構造や用途、また長尺台形ねじといった特殊な台形ねじの加工方法について解説したコラムです。

2021/09/21

【提案事例】台形ネジ加工 高速ネジ切り旋盤を用いてリードタイムを大幅短縮

【提案事例】台形ネジ加工 高速ネジ切り旋盤を用いてリードタイムを大幅短縮

こちらは、台形ネジ加工の際に高速ネジ切り旋盤を用いて、大幅なリードタイム短縮を実現した技術提案事例です。

2021/09/24

【提案事例】長尺製缶品の機械加工における工夫

【提案事例】長さ12mの一体物の長尺製缶品を、五面加工機で高精度機械加工

こちらは、一体物の戸当たりに対し、工作機械を上手く活用し機械加工を施した事例になります。

2021/09/23

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。