⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【コラム】立旋盤とは?基本や得意な加工について詳しく解説!

2021/09/21

立旋盤は大型の工作機械で、大きな加工物の旋盤加工を行うことができます。

ではどれくらいのサイズの加工物まで加工ができるかご存じでしょうか?

ここでは、立旋盤の基本や得意な加工について、ヤマウラの保有する立旋盤を例に詳しく解説いたします。

立旋盤とは?

旋盤とは?


 旋盤加工は、チャックと呼ばれる部分に加工物を固定し、主軸を回転させることで加工物を回転させます。

その加工物に工具を当てることで加工を行う工作機械を旋盤といいます。

 そのため、加工物を主軸に対して直角に切断した際の切断面は必ず円形となります。

立旋盤とは?


 立旋盤は、加工物を設置する主軸が水平になっている旋盤を指します。

立旋盤は大型の工作機械で、大きな加工物の旋盤加工を行うことができます。

 立旋盤の機能に工具の自動交換装置がついているものをターニングセンタといいます。

 画像は、ヤマウラが保有するターニングセンタです。

>>立旋盤の動画はこちら!

立旋盤の得意な加工

立旋盤の得意な加工は、①大型の加工物の加工②形のいびつな加工物の加工です。

①大型の加工物の加工


 汎用旋盤の主軸は横向きについているため、加工物を横向きに取り付ける必要があります。

汎用旋盤で長さのある加工物を回転させると、重力によるたわみが発生しやすいため、精度の高い加工を行うことができません。

 一方で、立旋盤は主軸が水平になっているため、重力によるたわみが発生しにくく、テーブルに載るサイズまでの大型加工物なら加工が可能です。

 ヤマウラが所有する立旋盤は、テーブル直径 Φ2,800mm × 最大旋削外径 Φ2,800mm × 最大旋削高さ 2,000mmのため、この大きさに収まる加工物でしたら基本的に加工が可能です。

ヤマウラは、直径の大きな(2800mmまで)フランジの加工の実績があります。

②形のいびつな加工物の加工


 立旋盤は、形のいびつな加工物の加工を行うことができます。

一般的に立旋盤の主軸には加工物を取り付ける円板状の面板が取り付けられています。

面板によって、バランスの悪い加工物でも主軸に固定することができるため、立旋盤は比較的安定した加工を行うことができます。

立旋盤に関する製品事例

産業廃棄物分別トロンメル

続いて、実際に当社が製作した立旋盤の製品事例をご紹介いたします。

当社は立旋盤を使用し、産業廃棄物分別装置トロンメルを作成いたしました。
当社の所有しているベンディング(3本)ローラーで曲げ加工を行い、大型ターニングセンターによる機械加工でトロンメルの前後で真円度を確保しました。

産業廃棄物分別装置トロンメルに関する詳細は下記リンクからご覧ください!

>>産業廃棄物分別装置トロンメル

立旋盤のことなら、ヤマウラまで!

今回は立旋盤についてご紹介しました。

製缶加工・装置受託センター.comでは、立旋盤を使用し高い精度の加工を行っています。

県内トップクラスの大型設備を保有する当社だからこそ、お客様のご要望にお答えし、最適な設計を提案することができます。

立旋盤が必要な大型製品の加工にお困りの方は、製缶加工・装置受託センター.comを運営するヤマウラエンジニアリング事業部までお問い合わせください!

関連した技術コラム

【提案事例】Φ1200の巻き上げワイヤードラムは、立形旋盤で製造対応

【提案事例】Φ1200の巻き上げワイヤードラムは、立形旋盤で製造対応

こちらは、Φ1200の巻き上げワイヤードラムの製造依頼に対して、立形旋盤にて製造対応した技術提案事例です。

2021/09/19

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。