⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【コラム】横中ぐり盤とマシニングセンタの違いとは?メリット・デメリットを詳しく解説!

2021/09/21

横中ぐり盤とマシニングセンタの違いをご存じでしょうか?

加工を行う際には、両者の違いを理解した上で工作機械を選定する必要があります。

ここでは、横中ぐり盤、マシニングセンタとはどのようなものなのかについて説明し、両者のメリット・デメリットについて詳しく解説します!

横中ぐり盤とは?

中ぐり盤とは、ドリルなどで穴あけされた加工物に対して、さらにその穴を削り大きくする中ぐり加工ができる工作機械を指します。

横中ぐり盤は、そんな中ぐり盤の一種で、切削工具を装備する主軸と呼ばれる部分が横向き(水平方向)になっていることが特徴です。

主軸が横向きに付いているため、横方向からの加工を行うことができます。

写真は、ヤマウラが保有するNC横中ぐりフライス盤です。

>>NC横中ぐりフライス盤の動画はこちら!

>>>横中ぐり盤とは?

マシニングセンタとは?

マシニングセンタとは、フライス盤に切削工具の自動交換を行う装置とNC装置が装備されており、様々な加工を自動で行うことができる多機能工作機械です。

フライス盤とは、固定された加工物に対し、切削工具を回転することで、加工を行う工作機械のことです。マシニングセンタは、フライス盤の切削工具を自動で交換し、加工を行うことができます。

また、マシニングセンタは数値制御(Numerical Control)により、正確な位置決めや加工を自動で行うことができるため、作業者によらず高い精度の加工が可能です。

写真はヤマウラが保有する立形マシニングセンタです。

>>立型マシニングセンタの動画はこちら!

横中ぐり盤とマシニングセンタのメリット・デメリット

横中ぐり盤のメリット


 横中ぐり盤の得意な加工は、中抜き加工、直径の大きな穴、深い穴の加工や高い加工精度が求められる加工です。

横中ぐり盤は、切削工具を取り付ける主軸が横向きに装備されており、横方向から加工を行うことができるため、加工により出てくる切り粉を容易に排出することができます。

 そのため、他の工作機械では切り粉が多くたまってしまうため加工が困難ですが、横中ぐり盤は、中抜き加工、大きな穴や深い穴の加工を行うことができます。

マシニングセンタのメリット


 マシニングセンタは、切削加工、ねじ加工、曲面加工など様々な加工を行うことが得意です。

 マシニングセンタも横中ぐり加工盤と同様に穴あけ加工を行うことができます。

マシニングセンタは様々な加工を一台で行うことができるため、業務効率の改善、省人化を見込めます。

横中ぐり盤のデメリット


 一般的な横中ぐり盤は穴あけ加工に特化している一方で、マシニングセンタのように様々な種類の加工を行うことはできません。

 ただし、横中ぐり盤には種類があり、NC横中ぐりフライス盤は穴あけ加工だけではなく、フライス盤加工も行うことができます。

ヤマウラが保有するNC横中ぐりフライス盤は、NC装置がついているため、水平方向以外の角度に対して、精度の高いフライス加工を行うこともできます。

マシニングセンタのデメリット


 横中ぐり盤、マシニングセンタの両者とも穴あけ加工を行うことができます。

しかし、穴あけ加工の精度を比較すると、横中ぐり盤の穴あけ加工の方がマシニングセンタより高い精度の加工を行うことができます。

まとめ


 上記内容をまとめると以下になります。

メリットデメリット
横中ぐり盤・中抜き加工
・直径の大きな穴、深い穴の加工
・精度の高い穴あけ加工
・基本的に行える加工は穴あけ加工のみ
マシニングセンタ・様々な種類の加工・穴あけ加工の精度が横中ぐり盤に比べ低い

 横中ぐり盤は、マシニングセンタと違い、穴あけ加工しか行うことができませんが、 中抜き加工、直径の大きな穴、深い穴の加工 や高い精度の穴あけ加工を行うことができます。

 そのため、 中抜き加工、直径の大きな穴、深い穴の加工 や高い精度が求められる穴あけ加工には、マシニングセンタではなく横中ぐり盤が使用されます。

横中ぐり盤に関する製品事例

続いて、実際に当社が製作した横中ぐり盤の製品事例をご紹介いたします。

(編集不要です)

>>詳細はこちら

横中ぐり盤のことなら、ヤマウラまで!

今回は横中ぐり盤とマシニングセンタの違いについてご紹介しました。

製缶加工・装置受託センター.comでは、横中ぐり盤を使用し高い精度の加工を行っています。

県内トップクラスの大型設備を保有する当社だからこそ、お客様のご要望にお答えし、最適な設計を提案することができます。

横中ぐり盤が必要な高い精度が求められる穴あけ加工にお困りの方は、製缶加工・装置受託センター.comを運営するヤマウラエンジニアリング事業部までお問い合わせください!

関連した技術コラム

【コラム】横中ぐり盤とマシニングセンタの違いとは?メリット・デメリットを詳しく解説!

【コラム】横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!

こちらは、中ぐり盤の基礎知識から横中ぐり盤の得意な加工まで解説したコラムです。

2021/09/21

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。