⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

横中ぐり盤(横中ぐりフライス盤)の得意な加工とは?

2021/09/21

横中ぐりフライス盤とは? 特徴と得意な加工について詳しく解説!|製缶加工・装置受託センター.com

横中ぐりフライス盤は、横方向から穴あけ加工ができるNC工作機械です。横方向から加工を行うことで直径の大きい穴・深い穴の加工や高い精度の穴あけ加工が可能です。

本記事では、横中ぐりフライス盤の特徴と得意とする加工を中心に、より上位の概念である中ぐり盤の特徴や加工事例についてもご紹介します。

<目次>

・中ぐり盤と中ぐり加工とは?

・横中ぐりフライス盤とは?

・横中ぐりフライス盤の得意な加工

・大物・長尺物の精密機械加工なら、当社にお任せください

中ぐり盤と中ぐり加工とは?

中ぐり盤とは、ドリルなどで穴あけされた加工物に対して、さらにその穴を削り大きくする中ぐり加工ができる機械を指します。

中ぐり加工には、ボーリングバーと呼ばれる、先端部分が横方向に突起した棒状の切削工具が使われます。このボーリングバーをドリルのように回転させることで、穴の内側から穴を削り、穴を大きくすることができます。

この加工方法により、高い精度の穴あけ加工を行うことができます。

中ぐり盤は、その構造や加工能力の違いから、横中ぐりフライス盤(横中ぐり盤)、立中ぐり盤、ジグ中ぐり盤、NC中ぐり盤などの種類があります。

>>五面加工機による大型精密機械加工のポイントと加工事例のご紹介

横中ぐりフライス盤とは?

横中ぐりフライス盤とは? 特徴と得意な加工について詳しく解説!|製缶加工・装置受託センター.com

横中ぐりフライス盤は、中ぐり盤の一種で、切削工具を装備する主軸と呼ばれる部分が横向き(水平方向)になっていることが特徴です。

横中ぐりフライス盤は、穴あけ加工に特化しており、 中抜き加工直径の大きな加工や深い穴の加工、高い精度の加工が可能です。

そのため、マシニングセンタで中ぐり加工以外の加工を行い、不得意な中ぐり加工は横中ぐりフライス盤で行う場合もあります。

横中ぐりフライス盤とマシニングセンタとの違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>横中ぐり盤とマシニングセンタの違いとは?

>>大物マシニング加工における2つの重要なポイント

横中ぐりフライス盤の得意な加工

横中ぐりフライス盤の得意な加工は、主に下記の3つが挙げられます。

①中抜き加工直径の大きな穴や深い穴の加工

②大型加工

③高精度加工

① 中抜き加工直径の大きな穴や深い穴の加工


主軸が縦向きに装備されている工作機械は、加工すると出てくる切り粉が加工物内にたまってしまうため、きれいな加工面を作ることができません。

その一方で、横中ぐりフライス盤は、主軸が横向きに装備されているため、切り粉の排出をスムーズに行うことができます。

そのため、横中ぐりフライス盤は中抜き加工、直径の大きな穴や深い穴の加工でもきれいな加工面を作ることができます。

②大型加工


横中ぐりフライス盤の加工は加工物を固定し、切削工具を動かすことで行います。

そのため、横中ぐりフライス盤の加工の際には加工物を動かす必要がなく、ステージに載るサイズでしたら加工をすることができます。

NC横中ぐりフライス盤を所有するヤマウラでは、幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高さ 1,500mmの加工物までなら加工可能です。

横中ぐりフライス盤は、一般的な立型マシニングセンタと比べ加工物を設置するスペースが広いため、より大型の加工物の加工を行うことができます。

>>当社が保有する横中ぐりフライス盤の設備情報はこちら

③高精度加工


横中ぐり盤は、穴あけ加工に特化しており、マシニングセンタの穴あけ加工に比べ、高い精度の穴あけ加工を行うことができます。

また、ヤマウラが所有するNC横中ぐりフライス盤は、数値制御(Numerical Control)装置がついており、水平方向以外の角度に対して、精度の高いフライス加工を行うこともできます。

当社が保有する横中ぐりフライス盤の加工動画はこちらからご覧いただけます。

大物・長尺物の精密機械加工なら、当社にお任せください

今回は横中ぐりフライス盤についてご紹介しました。

製缶加工・装置受託センター.comでは、横中ぐりフライス盤を使用して、大物・長尺物の装置・部品に対して高精度の機械加工を行っています。

県内トップクラスの大型設備を保有する当社だからこそ、お客様のご要望にお答えし、最適な設計を提案することができます。

横中ぐりフライス盤が必要な大物・長尺物の精密機械加工なら、製缶加工・装置受託センター.comを運営するヤマウラエンジニアリング事業部にお任せください。

>>製品事例一覧

>>よくある質問

>>設備情報

>>お問い合わせからの流れ

>>会社情報

>>お問合せ・見積依頼はこちら

関連した技術コラム

【コラム】横中ぐり盤とマシニングセンタの違いとは?メリット・デメリットを詳しく解説!

横中ぐり盤とマシニングセンタの違いとは?

本記事では、横中ぐりフライス盤とマシニングセンタの違い、そして両者のメリット・デメリットについて、加工動画と併せて詳しく解説しています。

2021/09/21

門型マシニングセンタとは?立型・横型マシニングセンタとの違い|製缶加工・装置受託センター.com

門型マシニングセンタとは?立型・横型マシニングセンタとの違い

門型マシニングセンタの特徴・用途から、立型・横型マシニングセンタとの違いまで詳しく解説しています。

2021/09/21

門型マシニングセンタとは?立型・横型マシニングセンタとの違い|製缶加工・装置受託センター.com

大物マシニング加工における2つの重要なポイント

大物マシニング加工のポイントを中心に、マシニング加工の特徴・メリットや加工事例についてもご紹介しています。

2021/09/21

【コラム】立旋盤とは?基本や得意な加工について詳しく解説!

ターニングセンタ(立旋盤)の特徴とターニング加工のポイント

本記事では、ターニングセンタの特徴や同機械を使用したターニング加工について、加工事例の紹介も交えて詳しくご紹介します。

2021/09/21

五面加工機による大型精密機械加工のポイントと加工事例のご紹介|製缶加工・装置受託センター.com

五面加工機による大型精密機械加工のポイントと加工事例のご紹介

大物マシニング加工のポイントを中心に、マシニング加工の特徴・メリットや加工事例についてもご紹介しています。

2022/07/17

【提案事例】製缶精度を機械加工でカバー

【提案事例】30mクラスの水門の戸当たりを高精度機械加工

こちらは、製缶加工では要求精度を満たすことができなかったために、機械加工を行った事例になります。

2021/09/24

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。