⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【提案事例】規格にない不等辺アングル材は、等辺アングル材の先にフラットバーを溶接して特注製造

2021/09/18

 

こちらは、規格にない不等辺アングル材をご希望されていた方に対して、等辺アングル材の先にフラットバーを溶接することで、不等辺アングル材を特注製作した技術提案事例です。

Before: 規格にない不等辺アングル材は別途特注製作する必要がある…

お客様からは、設計部材として不等辺アングル材がほしいというご依頼をいただきました。

しかしアングル材は、基本的に等辺アングルとなります。そのため、規格にないアングル材は別途特注製作する必要があります。ただアングル材は通常押し出し加工によって製作されますが、新しい規格のアングル材をゼロから作るのはコストに合わず、どこも対応してくれないとのことでした。

After: 等辺アングル材の先にフラットバーを溶接することで、不等辺アングル材を特注製作!

そこでヤマウラでは、等辺アングル材の先にフラットバーを溶接することで、不等辺アングル材を特注製作することをご提案いたしました。

一辺が長い側に対して、不足分のフラットバーを製造し、高精度溶接することで、お客様のご要望する不等辺アングル材を製造することができました。

今回は+αでの不等辺アングル材の製造でしたが、もちろんーαによる不等辺アングル材の製造も対応可能です。

特注設計部材の高精度かつ高強度溶接にも対応可能 !

特注の設計部材を製作することで、無事にお客様の希望にあったアングル材を納入できました。

ただ不等辺アングル材を製造するだけであれば、簡単な溶接で製造可能です。しかし建築設備や装置設備に必要な、強度が求められる不等辺アングル材の場合は、溶接個所にも相応の強度や精度が求められます。

ヤマウラでは、コンクールで上位入賞をする実力を持った溶接スタッフが何人も在籍しておりますので、設計部材の高精度かつ高強度溶接にも問題なく対応可能です。特注設計部材の製造でお困りの方は、製缶加工・装置受託センター.comまでお気軽にご相談ください。

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。