⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

技術コラム / Column

技術コラム タグ一覧
製品分類から探す
業界から探す
タグ一覧
当社だからこそできること
製缶加工・装置受託
センター.comとは

【提案事例】大型水門戸当たりの全面加工は、H鋼の溶接&クランプで実現

2021/09/19

 

こちらは、全面加工が必要だった大型水門の戸当たりに対して、裏側にH鋼を溶接&H鋼をクランプすることで、全面加工を実現した技術提案事例です。

Before: 通常のクランプでは全面加工ができない…

お客様からは、1m×4mの水門戸当たりの製造依頼をいただきました。

こちらの戸当たりは、水を止めるために使用される製品のため、全面加工をする必要がありました。しかし図のようなクランプでは、全面加工ができなくなってしまうため、通常のクランプではない方法が必要となっていました。また厚みも12mm程度であったため、横からクランプしても剛性が無くなりビビリが発生してしまいます。

After: 裏側にH鋼を溶接して、H鋼をクランプして全面加工を実現

そこでヤマウラでは、加工をしない戸当たりの裏側にH鋼を溶接して、H鋼をクランプして加工することを提案いたしました。

全面加工が必要で、かつ横からのクランプも難しいため、裏側に剛性のあるH鋼を2列溶接し、図のようにH鋼をクランプして全面加工を実現いたしました。このH鋼は組立時まで取り付けて、組立の際にH鋼を外すことで、無事に水門の戸当たりを製造することができました。

部材や工作機械を工夫して用いることで、様々な製缶加工に対応!

H鋼を工夫して用いることで、戸当たりの全面加工をすることができました。

またこちらの戸当たりには、中面にリブがついており、どうしても戸当たり全体を線路のように支える必要もありました。そのため、H鋼を用いなければ製造することができないような製品でした。

ヤマウラでは、こうした難易度の高い製缶加工品であっても、部材や工作機械を工夫して用いることで、様々な製缶加工に対応することができます。製缶加工のことなら、製缶加工・装置受託センター.comまでぜひご相談ください。

技術コラム一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。