⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

製缶加工・装置受託センター.comへ よくある質問

加工可能な寸法・大きさはどれくらいですか?

 最大長さ6000mmまで加工可能です。機械加工については最大寸法 幅3000mm×長さ6000mm×高さ1500mm の加工に対応しております。

 製缶加工についてはクレーン設備も20tまで保有しておりますのでかなりの大型のものまで対応可能です。仕様・図面等を確認させていただき、加工が可能かどうか判断いたしますので、まずは製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

加工技術

関連する質問

装置設置後の修理・メンテナンスについては対応いただけますか?

はい、ご対応いたします。場所や納期によっては難しい場合もございますので、まずは一度ご相談ください。

装置の据え付けや設置工事までお願いできますか?

はい、可能です。過去には、水門の開閉装置用の巻き上げワイヤードラムや食品製造工場において製造装置を設置した実績もございます。お客様のご要望に応じて事前に現場調査を行ったうえで、設計・製造を行いますので、装置の据え付けをスムーズに行うことができます。
装置の据え付け・設置工事までを見据えた装置設計・製造をご検討の方は、お気軽に当社までご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

塗装・ブラスト処理等の表面処理や熱処理についてお願いできますか?

はい、可能です。塗装やブラスト処理については、自社で行っております。20m×80mの広大な塗装ヤードを保有しておりますので、水門や橋梁等の大型製缶品でも塗装することができます。また、塗装ヤードは屋根付きのため、風雨により塗装が剥がれたり製缶品が傷んでしまうことはありません。製品の材質や用途ごとの最適な塗料についてもご提案できますので、ぜひ一度ご相談ください。

さらに、幅4m×高さ4m×長さ15mまでの鋼構造物であればブラスト処理が可能です。めっき・熱処理については協力会社様と連携してご対応させていただきます。

装置製造後の組立は対応してもらえますか?

はい、対応可能です。当社は、30,000㎡の広大な加工スペース・ストックヤードに、幅2,500mm×長さ7,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。したがって、10~20mの大物・長尺物であっても問題無く組み立てることができます。また、焼鈍しによる歪み抜きにも対応しておりますので、精密な溶接・組立が可能です。

試作・開発・設計段階からご相談することは可能ですか?

はい、可能です。当社は設計段階から入り込むことで最適な製品設計・製造に貢献する”設計コーディネート”を得意としております。お客様のご要望を丁寧にヒアリングしたうえで、コストダウン・品質向上を実現する最適なご提案をさせていただきます。工場内の自動化・省力化(FA)や装置リプレイスによる生産量アップ、その他製造ライン・設備の停止に対する修理・メンテナンスにも対応しております。

製缶加工・装置受託センター.comを運営するヤマウラには、大型製缶・機械加工のようなメカトロ部門だけでなく、制御盤やシステムの設計・製造を行う電気設計部門がございます。このハードとソフトの両面からお客様の製品をトータルサポートできるのが当社の大きな強みの一つです。「電気設計も考慮した装置設計に変更」「量産体制に合わせた加工方法の変更」等、VA/VE技術提案を積極的に行っておりますので、設計・製造にお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

鋼材の材料調達からお願いすることは可能ですか?

はい、可能です。基本的に、当社で材料を調達して製造を行っております。SUS材やSM材等一般に流通している鋼材であれば問題無く調達可能です。その他特殊材料については別途ご相談ください。 支給材の加工も承っております。

>>ご相談・お問合せはこちら

炉体のような厚板の製造は可能ですか?

板厚6mm~38mm程度の中厚板を得意としております。それ以上の厚板も製缶可能ですのでご相談ください。

ショットブラストはどれくらいの製品サイズまで対応いただけますか?

幅:4m 高さ:4m 長さ:15mまでの鋼構造物であればブラスト処理可能です。

塗装ヤードに屋根はついていますか?

屋根も設置されておりますので、全天候型で塗装が可能です。
風雨のみならず、飛散防止にもなります。

塗装の規格や仕様について分からないのですが、ご提案いただけますか?

御提案致します。何なりとご相談ください。

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。