⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

製缶加工・装置受託センター.comへ よくある質問

巻き上げワイヤードラム

駐車設備の昇降装置用ワイヤー巻き取りドラム(溝加工有り)の製造は可能でしょうか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

耐久試験機用のワイヤードラムの製缶加工・機械加工は対応可能ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

どのような方法で巻き上げワイヤードラムの製造をしていますか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数はどのように決定するのでしょうか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

ワイヤードラムの巻き上げ荷重や強度の計算に関してご相談できますか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの製造から据え付けまでお願いしたいです。

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

Φ1200のワイヤードラムの製造をお願いしたいのですが、可能でしょうか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

対応可能です。

しかしながらドラム径・ドラム長・ワイヤー径・ドラム端部の溝切り・ドラム軸・鏡板の取付方法等によっては製作できないものもございますので別途お問い合わせください。

巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。

丸棒からの製造の場合は、約Φ250までの巻き上げワイヤードラムの製造に対応可能です。また軽量化を求めた丸パイプからの機械加工の場合は、約Φ700までの巻き上げワイヤードラムの製造を行っております。さらに大きなサイズの巻き上げワイヤードラムの製造を行う場合は、ロール曲げからの溶接後に溝加工を行って製造を行います。ロール曲げからの製造の場合は、板厚が最大70mmまで、径は最大でΦ2500までの巻き上げワイヤードラムの製造が可能となります。

当社の巻き上げワイヤードラムの製造の大きな特徴は、ワイヤードラムに必要な巻き上げ荷重や強度の計算といった設計段階から対応可能な点です。どのような用途で使用するか、何をどれくらい巻き上げるかによって、ワイヤードラムの径や長さ、必要な溝数も決まります。当社では、そのようなサイズはもちろんのこと、巻き上げ荷重や強度の計算も踏まえた設計、さらには現場での据え付けまで対応いたします。

巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。


>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

巻き上げワイヤードラムの溝数は、対象物のサイズや重量、巻き上げワイヤードラムを設置できるスペース等の要素によって、巻き上げワイヤードラムに必要な荷重や強度、径、巻き上げ長さが決定します。これらの要素を含めて計算することで、初めて巻き上げワイヤードラムに必要な溝数も決定します。

製缶加工・装置受託センター.comでは、このような巻き上げワイヤードラムに必要な溝数や径、巻き上げ長さはもちろんのことですが、巻き上げ荷重や強度といった計算も含めた設計にも対応しております。当社では、実際の巻き上げワイヤードラムを使用する場所での現場調査を3Dスキャナによって行い、お客様のご要望にあわせて最適な設計や製造方法のご提案もいたします。

巻き上げワイヤードラムの溝数にお悩みの方は、荷重や強度に関してもご不安な方が多いかと思います。そのような際は、ぜひ製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、ぜひ荷重や強度の計算といった設計段階からご相談ください。当社の巻き上げワイヤードラムの製造に関する大きな特徴としては、他社ではなかなかできない荷重や強度、仕様スペックに基づいた設計にも対応しているという点です。

当社では、実際に巻き上げワイヤードラムを設置する場所での現場調査を3Dスキャンで行い、どの位置に何を収める必要があるか、といった段階からの設計に携わっております。また当社では、最適な製造方法のご提案を行い、さらに巻き上げワイヤードラムの据え付けまで一貫対応することができます。

巻き上げワイヤードラムに関しては、ヤマウラに設計段階からお任せいただければ、丸ごと対応可能です。巻き上げワイヤードラムに関してお困りの際は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご連絡ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、据え付けまで一貫対応いたします。製缶加工・装置受託センター.comでは、巻き上げワイヤードラムに関する巻き上げ荷重や強度計算から、3Dスキャンを用いた現場調査を行い、さらに据え付けまで一貫対応することができます。

当社では、お客様が何を巻き上げるのか、どれくらいの重量のものをどれくらいの長さ巻き上げる必要があるのか、どのくらいのスペースで設置する必要があるのか、といった仕様スペックをもとに、最適な巻き上げワイヤードラムの設計と製造方法のご提案をいたします。他の加工業者様では、設計段階からのご相談を受け付けていない場合も多くございますが、当社では逆に設計段階からのご相談であれば、よりよい巻き上げワイヤードラムの製造をすることができると考えております。

巻き上げワイヤードラムの設計から据え付けまでに関してお悩みの方は、まるごと製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

はい、対応です。製缶加工・装置受託センター.comでは、Φ800以上の大径加工品や、数トンもの重量のある円筒型加工品の場合は、ターニングセンターによって製造対応いたします。

当社では、巻き上げワイヤードラムの製造方法としては、丸棒からの機械加工、丸パイプからの機械加工、ロール曲げによる製缶加工という、大きく3種類の方法で製造しています。中でもΦ1000以上の大径巻き上げワイヤードラムの場合は、当社ではロール曲げによる製造を行っております。最大で板厚70mm、最大径はΦ2500まで対応可能です。

大型巻き上げワイヤードラムの製造にお困りの方は、まずは製缶加工・装置受託センター.comまでご相談ください。

>>『巻き上げワイヤードラム製造サービス 技術ガイドブック』のダウンロードはこちら

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。