⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

製缶加工・装置受託センター.comへ よくある質問

大型装置架台/フレーム

住宅用免震装置の実証試験に使用するフレームの製作は可能ですか?防錆塗装、輸送までお願いしたいです。

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

高層ビル用制振装置の架台は製作可能ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

装置架台の組立後に、ブラスト処理をしていただくことは可能でしょうか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

大型架台/フレームの精度はどれくらいまで出せますか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

製造可能な装置架台/フレームのサイズ・重量を教えてください。

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

高精度の大型装置架台/フレームを製造するためのポイントは何ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

大型装置架台/フレームの設計において注意すべきポイントは何ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

大型装置架台/フレームにおいて重要な精度は何ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

15tの検査装置架台を製造していただくことは可能ですか。

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

ヤマウラではどんな装置架台が製作可能ですか?

サイズにもよりますが製作可能です。 製缶~機械加工~防錆塗装~輸送まででしたら弊社の強みをさらに生かすことができます。

製作可能です。

過去には、W3000×L5000×H800、重量5tの制振装置架台の製作実績がございます。

製缶加工・装置受託センターでは、生産設備・工作機械など産業機械向けの5~20トンの大型装置架台や機械フレームの製造実績が多数ございます。製作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちら

4,000mm×4,000mm×15,000mmより小さいものであれば、当社のショットブラストで対応可能です。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、製缶・機械加工、溶接組立、ブラスト処理、塗装、検査まで一貫製造が可能です。図面段階からご相談いただければ、コストダウン提案も可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

機械加工(マシニング加工)により高精度(平行度・平面度)を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製造可能です。また、最大耐荷重20tのクレーンを複数基保有しているため、重量は20t以下であれば問題無く対応できます。 過去には、15tの検査装置架台を製造した実績もございます。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、30,000㎡の広大なストックヤードに、門型マシニングセンタや大型ターニングセンタ、また2,500mm×6,000mmの大型溶接定盤を複数台保有しております。また、ブラスト処理・塗装・検査も自社内で行うため、横持ち費用が発生せず、コストダウンが可能です。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

①溶接による熱影響を考慮する、②歪みの発生を最小限に抑えるという2点が重要です。

精度を出すためには、溶接後の縮みによる寸法変化を考慮した材料取りを行います。溶接方法は、熱影響が少ない断続溶接(タップ溶接)を採用する場合もありますが、強度計算が難しくなるため、ふつうは連続溶接で行います。

また、溶接後は歪み抜きをする必要がありますが、歪みが大きいと製品精度に影響が出るため、大型溶接定盤と拘束治具を組み合わせてなるべく歪みが出ないようにするというのがポイントです。特に装置架台やフレームについては、残留応力は遅れ破壊の原因となるほか、装置の加工精度や測定精度を狂わせることもあるため、細心の注意が必要となります。

焼き戻しにおいて徐冷(空冷)すると、溶接部から大気中の水分が侵入し「拡散性水素」が発生されることで遅れ破壊の原因となるほか、「焼き戻し脆性」による衝撃値の低下を招いてしまいます。したがって、SUS材は急冷(水冷)した方がよい場合が多いです。

製缶加工・装置受託センターを運営する株式会社ヤマウラは、長野県の溶接技術コンクールの入賞者や全国大会の出場者をはじめとする熟練の溶接技術者が多数在籍しております。

大型装置架台/フレームの製造をご検討の方は、大型製缶・機械加工・大物溶接を得意とする当社にお任せください。

架台/フレームに載せる装置・機械の用途や重量、使用環境を考慮した、強度と精度を確保することが重要です。

しかし、当社に装置架台やフレームの製造を依頼されるお客様の多くが、過剰に厳しい精度や強度があまり重要ではない箇所の強度指示をした図面で設計されているため、コストアップしてしまっています。

当社に図面を送付いただければ、こうした過剰品質(オーバースペック)を回避し、コストダウン提案をさせていただきます。

大型装置架台/フレームにおいて重要なのは、剛性と平面度・平行度です。数トン~十数トンの重量がある生産設備や検査装置を支えるための強度を確保するため、高精度溶接と焼付塗装を行います。検査装置用の架台は特に高精度が要求されます。

数mクラス、十数tクラスの大型装置架台や大型フレームの製造をご検討の方、コストダウンにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

可能です。

当社は最大荷重20tのクレーンも保有しており、それ以下の重量の架台であれば製造できます。過去に実績もございます。

数mクラス、十数tクラスの大型架台や大型フレームの設計・製造に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 当社は、液晶用架台やビルの制振装置架台、パラボラアンテナ用の架台、液晶関連検査装置架台などの製作実績がございます。

 基本的に輸送限界(高3,000mm×幅3,000mm)以下のものでしたら製作可能です。機械加工(マシニング加工)により高い精度・平行度を出すことができ、対角での平行度ですと2,000mm四方の架台で0.5mm/m以内に収めることが可能です。

 架台の加工実績について詳しくこちらから!!

 >>>架台の加工実績

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。