⼤型製⽸・溶接・各種装置の設計製作・OEMのことなら
「製⽸加⼯・装置受託センター. COM」

HOME 製⽸加⼯・装置設計のプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

製缶加工・装置受託センター.comへ よくある質問

保有設備

ヤマウラが保有している大型溶接定盤について教えてください。

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

横中ぐり盤とマシニングセンタの違いはなんですか?

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ヤマウラが保有している横中ぐりフライス盤の加工能力について教えてください。

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ヤマウラのNC長尺旋盤の加工能力を教えてください。

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ターニングセンタを使った加工はどのようなものが可能でしょうか?

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ヤマウラの門型マシニングセンタの加工実績を教えてください。

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ヤマウラが保有している横中ぐりフライス盤の加工能力について教えてください。

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

ストックヤードの広さはどれくらいですか?

当社は、幅2,500mm×長7,000mm大型平面溶接定盤を10台ほど保有しております。こちらは自社製造です。組み合わせて組立ヤードを作ることもあり、2台繋げると十数メートルクラスの長尺物の溶接・組立も可能です。
これほど大型の溶接定盤を複数台保有している製缶加工メーカーは非常に限られます。

溶接定盤についてもっと知りたい方は以下のリンクをクリック!!


>>>溶接定盤 これがないと精密な組立ができない!?

横中ぐり盤は、切り粉の排出が容易なため中ぐり加工を得意としています。また、テーブルの角度割り出しが可能なため角度が振られたフライス加工もできます。

一方、マシニングセンタは比較的大型の製品の加工に適しています。なお、アンギュラヘッドを使用することで五面加工も可能となります。

ヤマウラは加工能力幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmの門型マシニングセンタ、Φ1,200mm×長さ7,000mmのNC長尺旋盤も保有しております。

当社が保有している設備について詳しくはこちらから!!

>>>ピックアップ設備

 当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。

 横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

 当社は、大日金属工業のNC長尺旋盤DL132-700を保有しており、加工能力はΦ1,200mm×長さ7,000mmです。

 加工可能な材料は、アルミ、鉄、ステンレス、真鍮など幅広く対応しております。また、NC(数値制御)のため、高い加工精度を出すことが可能です。 製作実績は、ゲート用台形ねじ(開閉装置)やΦ700mmクラスのワイヤードラムの溝加工などがございます。

 その他のNC長尺旋盤の加工実績はこちらから!!

>>>NC長尺旋盤の加工実績

 ヤマウラでは、オーエム製作所のターニングセンタNeo α-28EXを保有しております。その加工能力はΦ3,000mm×2,000mmで、ラムヘッドは1,000mm駆動することができるため、大型ワークに対する難易度の高い加工も得意です。ミーリング加工も可能で、90度に動くアンギュラヘッドを取り付ければ横からの加工も可能です。

 過去には、運搬用装置や巻き上げドラムの溝加工、直径の大きなフランジ(最大Φ2800mm)の製作実績がございます。

 その他のターニングセンタの加工実績はこちらから!!

>>>ターニングセンタの加工実績

当社は複数台の門型マシニングセンタを保有しております。一番大きいもので、テーブルのサイズが幅3500mm×長さ8000mm×高さ2200mmになりますので、ここに載せられるものであれば加工可能です。


マシニングセンタは、立型・横型・門型など様々なタイプがありますが、門型マシニングセンタは比較的大型かつ長尺の製品に対する加工を得意としています(長さ13mの加工実績あり)。さらに、アンギュラヘッドを取り付けることで1チャックで五面加工が可能です。
水門設備、産業機器、鋼構造物などの製作実績がございます。

門型マシニングセンタの加工実績はこちらから!!


>>>門型マシニングセンタの加工事例

当社は、倉敷機械株式会社のNC横中ぐりフライス盤KBT-11W.Aを保有しております。

加工能力は幅 1,400mm × 奥行 1,600mm × 高 1,500mmですので、かなりの長尺物や大型ワークを加工することが可能です。
横中ぐり盤の特徴として、通常切り粉がたまってしまうような中抜き加工が可能であるという点が挙げられます。そしてスピンドルの剛性が高く、加工速度が速い、切り粉の排出が容易というのも強みです。

したがって、通常のマシニングセンタで行えない中ぐり加工も得意としています。

横中ぐり盤とは?基礎知識や得意な加工について詳しく解説!


>>>横中ぐり盤とは?

ストックヤードは最大 1600㎡ 使用可能です。ヤマウラには長野県に、駒ケ根工場と宮田工場という2つの工場がございます。各工場のストックヤードの広さは下記の通りです。

・駒ヶ根工場 幅16m × 長さ30m × 高さ4m
・宮田工場  幅20m × 長さ80m × 高さ5m

東京・大阪・愛知の三大都市圏に半日以内に移動できるという好立地であることと合わせて、柔軟な納期対応が可能です。詳細は製缶加工・装置受託センター.COMまでお問い合わせください。

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。